30年からの昆虫コレクト。クワガタとカブトを追い求めてます。

身は、30年齢の頃から昆虫コレクトにはまっていらっしゃる。小学校のときは、夏休みのラジオ体操後に近所の森に行ってカブトムシやクワガタムシを探していましたが、その後は大の昆虫嫌いになってしまっていました。
しかし、30年齢になったある日、子供と一緒に昆虫コレクトに行ったことがきっかけで、童心に返って(?)、ホビーになりました。
昨年は、オオクワガタを見い出しに、都内から遠距離山梨県内まで行きました。5年間でまだまだ1匹も採ったことがなかったのですが、その日、遂に捜しあてることができ、帰りに児童と2日光だけで祝福の焼肉を食べたことが思い出されます。
最近は、希少なシリーズも仕事場で簡単に買うこともできますが、最も昆虫コレクトの魅力は、森の中に分け入って、自分の力で採集することだと思います。
昆虫コレクトのピークは夏季がメインで、終日、森や林の中間を駆け回りますので、こういう5年代でいともスタミナがつきました。作用不足になりがちだった私も、洗いざらいボディ慣例に。今夏も子供と一緒にたくさんのカブトやクワガタを採るべく、にっこりしながら今から設営をやるところです。話題の熊には注意したいだところです。ミュゼ Vライン