S・Kによる、K・Yの堅実を完全解剖

 S・Kが口を解く。
「いや、ほんとに……もの自体は認めてるんすけどね。無論、嫌いじゃないっすよ?」
 S・Kらしくも無く、しどろもどろな語気だった。
「けど、寡言で堅実ってのは、係わる陣営としてはどうしてなんすかね」
 S・Kは俄然、らしくないことを話した。
「そんな事ねーだろ。先いうべきことは言ってたろ」
「ん、それとはまた別の申し立てで。皆さんはスタートだけどアイツの場合はなんか、こう『私はどなたともクチ利かねえぞ』ってオーラが表に出てるっつーか。あ、私背部なんで。じゃ、また」
 S・Kは言いたい地点だけ言い転ばすと改めて耳を塞いで踵を返した。
「ゼッテー禁煙して講じる!フォー!」
 イヤホーンから流れてくる曲に合わせて、S・Kはリズミカルな調子であべこべ地域のホームへと貫く時点を降りて行った。
「本当に堅実さなら、アイツも洋平に負けてないんだけどな……」
 N・Tは呆れ返ったようにつぶやくと、M・Tの元へ向かって走り抜けて言う。ロスミンローヤル 市販